「エンタメの影響」について強く不思議に感じるメモ

togetter.com

 

 一体どんな目線でエロ本を見ればそんな事になるんだか。実はエロ本読んでないだけで完全に妄想で語ってるとかならまだ分かるけど、そうなると偏見による断罪ってまー普通に差別だよね。

 私達は恐怖を感じています! という主張をするにあたって、「あなたたちを差別します!」とちゃんと言わないとより濃厚なキ印が生まれるだけのよーな気がしてる。己の差別性をあれこれ屁理屈捏ねて隠蔽しようとするほどに。

 

 

 

 

 また、こういう歪みは差別を解消する努力を差別する側「だけ」に求める姿勢から出てきたものなんじゃないかしら? 差別を解消する努力は「当事者でない人」にこそいっそう求められるものなのかもしれない。

 差別者と被差別者の話をすると何故かそれ以外の第三者の存在がすっぽ抜けて、第三者に求められる努力を語ると発狂するサヨクとかしばしば見るけど、そういう差別をエンタメ化してる正義の味方様が一等有害なんじゃないかって前々から思う所、どうも上手く表現出来なくてもにょるわ。

 ちょうどふしだら差別にあたっては被差別者に相当するポジションにあるわけで、世の助平はこの辺黙ってて解決すると思わない方が良いと思う。兎に角第三者を味方に付けねばならんのですが、本質的に人間というイキモノはふしだらでないと増えようが無いイキモノの筈でして、全員が当事者であり全員が被差別者であったりするんですよね。

 被差別者が差別者の言説に擦り寄って身を守るのはしばしば見られる様子だったりするんですが、なぜかふしだら差別、助平差別だけは差別問題として語られないのは、こういった特殊事情がある故かもしれない。